母の日の始まりと意味合い

subpage1

母の日はその愛情に子供が感謝する日ですが、1907年にアメリカのある女の子が追悼式でカーネーションを捧げたのが由来とされています。

日本での始まりは当時の皇太后の誕生日を母の日としていましたが、第二次世界大戦後は発祥の地であるアメリカと同じように五月の第二日曜を制定しているのです。

待望の母の日の有益な情報をお届けします。

母の日にはプレゼントをするのが習慣になっており、カーネーションだけでなくデパートを中心に色々な特設売り場を設置しています。



洋服や和装小物など母の日にちなんだものが多く売られているのが特徴です。

プレゼントする相手の好みに応じてスイーツを選ぶ場合があります。


実母だけでなく結婚している方は相手の母親にプレゼントをするケースが多いです。



母の日には健在の母には赤色を亡くなってる方には白いカーネーションを贈る方が多くなります。
好きな花を選ぶのは良いアイデアであり、事前に予約をするのがポイントです。

当日に配送をする場合は早めに予約をしておくと安心です。

遠方に住んでいる母親に感謝の気持ちを込めて花を贈る方がこの時期は増えるのが特徴になります。

百貨店の売り上げが多い記念日として知られており、事前に多くの商品が用意されているのです。


予算にあわせて選ぶ事が可能で、手頃な価格だとハンカチやセンスなどがあります。暑くなる前なので夏物の衣類を母親に購入するのは良いアイデアあり、色々なデパートで特設のコーナーが増える記念日であり売り上げが多いです。