就活を行っていくにあたって、OB訪問の重要性がよく指摘されます。OB訪問のどういったところがメリットなのでしょうか。OB訪問をして、最も大きな効果を感じるのは、面接で必ず質問される「当社を志望する動機は何ですか?」への回答の材料が見つかる、という点です。実際に、その会社で働いているOBの姿や発言から、自分独自の志望動機を明確化していくことができます。

単に、公式資料しか読んでいない応募者であれば、抽象的な志望動機しか作ることができません。どちらが面接官への説得力を持っているかは、説明するまでもありません。また、OB訪問をすることで、その会社が求めている人物像を把握することができるのも、大きな成果です。そして、会社が必要としている人物像に合った形で、自分のエピソードを用意して、自己PRをすればいいのです。

的確なアピールをするためにも、就活でのOB訪問は役に立ちます。また、OB訪問をすることで、社会人との対話に慣れることができます。先輩と一定の時間をかけて話をすることになりますので、相手の様子を見ながら質問したり、会話を展開したりする訓練にもなります。そうなると、面接本番での緊張度も少しは下がります。

ちなみに、一部の大手会社の中には、エントリーシートの設問として「OB訪問はしましたか?」という項目を設けているところがあります。OB訪問は就活生だけではなく、会社側としても重要視しているのが事実なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です