就職活動の計画を立てるとき、おそらく、学生側にとっては、面接が最も大きな関門であると感じていることでしょう。エントリーシートなら、サンプルを見ながら、また、じっくり考えながら文章を書くことができます。しかし、面接というのは、質問されたことに、即座に答えなければなりません。やり直しもききません。

それだけに、緊張感も高いのです。採用する側としても、面接には大変に重きを置いています。応募者のコミュニケーション能力やパーソナリティーを見るには、面接ほど適切な手法はないからです。就活に成功するためには、面接を制することが最重要であると言っても過言ではありません。

面接を制する者が、就活の勝利者となるのです。面接での押さえどころが幾つかあります。まずは、最初に見たときの外観的印象がものを言うのです。全く面識のない人と会った時には、一番最初にその人を見たときの視覚的情報が、第一印象となってしまうからなのです。

顔立ちや身だしなみ、清潔感などが、面接官には。第一印象として焼き付いてしまいます。次に、応募者の話し方が見られます。人柄というのは、その人の話し方にはっきりと出てきます。

あわてん坊なのか、横暴なのか、自信家か、そういったことが話し方にすぐに現れます。また、その人の教育程度とか付き合っている友人とか、そういったところまで、話し方からわかるものです。もっといえば、知的レベルや品性までもが、言葉づかいから判断されます。面接では、話していることの内容よりも、むしろ、話し方のほうがチェックされていると考えておいたほうがいいでしょう。

就活では、面接が重視されているというのは、こういうところに理由があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です