就活は、期間の限られた運動です。スピーディーに対応していかないと、チャンスを失ってしまいます。要点をしっかりと押さえて、動いていくことが大事です。就活に失敗しないためには、守るべき事項が幾つかあります。

まずは、業界や業種の絞り込みです。数をたくさん受ければいい、というものではありません。その業界でやりたい仕事、その会社に貢献できる点をアピールするためには、ある程度の絞り込みが必要になってくるのは当然です。次に、自分の過去の実績や経験の棚卸です。

面接でよく質問される事項の一つに、学生時代の経験談というものがあります。大学時代で、苦境から脱出したときの経験談というのは、面接官には好感を与えるものです。というのは、ピンチを克服した体験は、入社してからの実現可能性を示唆しているからです。粉飾した体験談を語っても、すぐに嘘と見破られます。

虚飾なしに、実際の体験を語って、応募者の人間性を知ってもらうことのほうが大事です。また、面接ではコミュニケーション能力を判断されます。個人面接の場合は、対話形式で行われることが一般的で、意思疎通がちゃんとできるか、協調性を持っているかが試されるものです。ですから、相手の話にしっかりと耳を傾けて、適切な答を返すことが大切です。

面接で、相手から目をそらしたり、また、話を最後まで聞かないで返事をする応募者というのは、評価が下がるのは避けられません。さらに、なぜ入社したいのかを明確に伝えることも、重要です。いわば、自分にとっての入社のメリットです。自分がこの企業で働くことで得られるものを説明できれば、志望動機がリアリティーを持ってきます。

就活では面接での評価が大きなポイントになってきますので、相応の準備をしておくことが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です